誰かの心に残りたい人生だった

私の存在を記すためのブログ

本日は晴天なり

ブログ開始二日目。今日は晴れであった。

この事実は私にとって重大な意味を持つ。
ここ数年、私は退廃的な生活を送っている。むろん、その状況を打破すべく数々の試みをしてきた。
しかし何かを始めようとすると必ずといっていいほど天気が悪くなるようだ。特に頻発したのが、「まずは運動しよう!」と意気込みジョギングを始めたところ、数日後から長い雨が降り続き、外出できず結果的に三日坊主に終わるパターンだ。雨が続くと気分が沈み、つづいて能率が落ち、そのせいでまた気分が落ち込むといったスパイラルに陥るのである。「せっかくはじめたのになんでこんなについてないんだ」というよくわからない悲嘆にくれる。

あらかじめ天気予報を確認していないのが悪いのでは?という批判ももっともである。ただ私はインスピレーションを自分で制御できない性分であることはあらかじめ注記しておく。

とはいえ、いいかげんこのジンクスを打ち崩さねばならない。このたびブログをはじめるにあたり、やはりそのスタートは良いものにしたい。

そこで、先日天気予報を確認したところ本日は「曇り時々晴れ」とのことである。秋雨前線と台風のせいで9月中旬からぐずついた日が続いていたが、久しぶりの好天である。この機を逃してはならない。これをねらってブログを立ち上げれば、雨→晴れの流れとなり、これまでのパターンとは逆になる。くだらない小細工ではあるが気分はよい。なんかできそうな気がする。いままでとは違う気がする。あくまで「気がする。」

まあ細かいことはいいじゃないか。今日は待ちに待った晴天なのだ。心も晴れやかにいこう。