誰かの心に残りたい人生だった

私の存在を記すためのブログ

やりたくないことリスト

気づけば世の中は就活シーズンに突入していた。
ふと自分の就活を思い出し、いろいろググっていて懐かしくも苦しい思いをしている。

「やりたいことがない人」向けの記事で、「やりたくないことリスト」を作るという手法が提案されていた。試しにつくってみて私がいかに社会人に向いてないか曝そうと思う。
会社への愚痴を交えつつ。



1. 人の指示に従う
いきなりで申し訳ないが、なぜ他人のいうことを聞かないといけないの?なんで無条件に従うの?断っちゃいけないの?
という疑問が無限に湧いてくる。
雇用契約だから仕方ないが、そもそも「使われている感」が気に入らない。奴隷と何が違うんだ。
給料が「生かすための施し」みたいに感じられて不快だ。


2. 協調する
私は基本的に他人に左右されたくないので、協力して何かをやるみたいなのは苦手だ。
相手の事情なんて知りませんよ。なんで合わせなきゃいけないの?まあ昔から他人のことを考えるのが苦手だったし。
それにチームで何か達成してもそれはチームの業績であって、自分の業績にはならない。「チームに貢献する」ということに全く喜びを感じない。


3. 「~のために」
私は今まであらゆるコミュニティを追い出されてきた。すなわちまったく必要とされてこなかった。
なのにどうして「お客様のために」「会社のために」「世の中のために」みたいな発想が出てこようか。
お察しの通り私の承認欲求とは矛盾するが、どうしても嫌悪感・違和感をぬぐえない。


今日はここまでにするか。
正直会社員に向いてないし辞めたい。でも生活費が稼げないからひとまず続けるしかない。転職するにもやりたい仕事がない。
そもそも生きるのに向いてない。でもこのまま死ぬのもなんか未練がある。

まさに生かさず殺さず。社会の畜生。略して社畜